生理
2016年08月01日更新 2016年08月01日公開

生理前のイライラ…「PMS」。改善対策には●●が大切なのです

生理前になるとやってくる不快な症状。悩んでいる女子もたくさんいます。できるなら避けたいと思いませんか?そこで、生理前のイライラを解消するために大切な●●についてご紹介します。

生理前のイライラには種類がある

生理前になるとイライラしてしまう、そんな不快な症状に悩む女子はたくさんいます。有名なものに、PMS(月経前症候群)があります。さらに、PMDD(月経前不快気分障害)という症状もあるのです。どちらも治療方法はいろいろありますが、それぞれ特徴が異なります。

一般的な婦人科や心療内科で行われる現代西洋医学の治療は、低用量ピルや精神薬などの薬物療法が中心です。

なるべく薬を使いたくない女子のために、漢方薬での治療、栄養療法があります。いずれにしても、根本的な治療のためにも、受診がおすすめです。

西洋医学の「投薬治療」の問題点?

PMS改善にビタミン・ミネラルを

PMSが重い人は、女性ホルモンの働きを助けるビタミン・ミネラルも積極的に摂取しましょう。ホルモンバランスを整える働きをもつビタミンB6、女性ホルモンの分泌を促す亜鉛などが役立ちます。

亜鉛はカキやうなぎ、肉類や海藻類などに多く含まれています。

朝食を抜いたり、偏った食事が続いたりするとビタミンやミネラルは不足しやすくなります。栄養バランスの偏りは、PMS症状を強める要因になるのでPMSの緩和には多くの食品をバランスよく摂ることが重要です。

「ビタミン・ミネラル」の種類は?

食事でPMSを乗り切る

PMSの症状の中で、食事を工夫してあげることで和らぐものがあります。異常な食欲、イライラ、情緒不安定、便秘、むくみなど困った症状を助けることができます。

血糖値が下がると、食欲が異常に増加したり、イライラするといった症状が出ることがあります。

ここで再び血糖値を急激に上げてしまうと、その後また急降下するといった悪循環になってしまいます。そのため、血糖値をゆっくりと上げて安定させる必要があるのです。

血糖値を「ゆっくり上げる」食事法

イライラを少しでも改善して…

ここでは、生理前のイライラなどの不調を改善するための対策について紹介しました。ですが、どうしてもツライ時には、我慢しないで病院へ行きましょうね。ヘルスケア大学には、他にも生理前の不快な症状を緩和するために役立つ記事が掲載されています。ぜひ、ご覧になってください。

「ヘルスケア大学」をチェック!

「生理」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play