美容の話題
2017年09月14日更新 2016年08月22日公開

外出先でわきがピンチ!夏のわき汗トラブル解決しましょう!

汗をたくさんかく夏。外出先でニオイが気になった経験ありませんか?わきのニオイ対策としては、細菌が繁殖する原因となる汗を放置しないことです。ここでは、外出先で汗のニオイを防ぐ、手軽で簡単な方法を紹介します。

まずは汗を取り除くことがイチバン

汗をたくさんかいた後は、ニオイが気になりますよね。よく「汗クサイ」と言いますが、正確に言うと“汗のニオイ”ではありません。汗や皮脂が皮膚に残っていることで細菌が繁殖し、分解されることによってニオイを発するのです。

汗を取り除くためには、ハンカチよりも吸水性の高いタオルなどを使用するのがよいでしょう。乾いている状態よりも、一度濡らして固く絞ってから使うのがおすすめです。「タオルはかさばるから」という方は、カット綿やコットンなどを濡らして使ってください。

ニオイの元の細菌繁殖を防ぐためにも、汗はこまめに拭きましょう。ゴシゴシすると汗腺を傷つける恐れもあります。優しくたたいてあげるだけで十分です。

一日のワキ汗量はスプーン●杯!?

「汗吸収パッド」を活用しましょう

汗を何かで吸い取るということから、洋服に貼り付けるパッドもおすすめです。最近のものは抗菌効果もあって、色も大きさもバラエティに富んで目立たないものが増えています。

汗吸収パッドは、汗やニオイを抑えるだけでなく、洋服の汗ジミを防ぐためにも有効的です。いつも汗っかきという方は夏は常に使用すると安心ですね。

汗で服が黄ばんでしまう原因って?

デオドラントの使い過ぎには注意!

汗やにおいの対策として、市販のデオドラント剤の活用はポピュラーな方法です。しかし、あまり使い過ぎると、肌の負担となって肌荒れやかぶれを起こすことがありますので注意しましょう。

また、何種類も重ね付けすると、個々の香りが混ざってかえってイヤなニオイになる場合も。「市販のスプレーは香料が気になる」…そんな方には、「ミョウバン」を使った体臭予防をおすすめします。

ワキガに効果的なミョウバンって?

汗が引いた後も油断大敵です

汗がひいても皮膚の上には汗の成分が残っています。これもにおいの原因になりますので、忘れずに拭き取ってください。

冷房に当たってるうちに汗が引いて忘れてしまいがちですが、そのままにしておくとニオイがしたり、肌荒れすることも。きちんとふき取りましょう。肌が強い方であれば消毒用アルコールをティッシュなどに吹きかけてわきをふくのも効果的です。

きちんとワキ汗対策で”ニオイレス”に

いかがでしたか。ニオイの元となる細菌の繁殖を抑えるための確実な方法は、汗をかいたらそのたびに対策をすることです。こまめなケアで、ニオイレスな女性を目指しましょう!

その他、「スキンケア大学」には女性の健康・美容やライフスタイルに関するお役立ち情報がたくさんあります。ぜひご覧になってください。

「スキンケア大学」をチェック!

「美容の話題」記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

リサーチランキング

Q&Aランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play