暮らしの話題
2016年11月08日更新 2016年11月08日公開

【TVで話題】口内フローラの乱れは命の危機!?「パタカラ体操」でお口の健康を守れ!

最近「口内フローラ」という言葉が注目を集めています。口内フローラの乱れが健康を蝕むとの研究結果が報告され、従来のマウスケアを見直すきっかけになる事態にも。口内フローラと、今やるべきマウスケアについてご紹介します。

「口内フローラ」という言葉をご存知でしょうか?「口内フローラ」とは、口の中に棲む細菌の集合体のこと。これらのバランスが保たれてこそ、私たちの健康が維持できるのだとか。注目の口内フローラとマウスケアについてご紹介しましょう。

唾液分泌で口内フローラを整える

口腔内の環境をキレイに保つために重要な役割を果たすのが“唾液”です。口内に常に唾液が循環することで、雑菌の繁殖が抑えられ口内フローラのバランスが整えられるのです。しかし、加齢により唾液の分泌は減っていくため、口腔体操を行い、唾液の分泌を促すことが重要です。

食前の「パタカラ体操」を習慣に

口腔体操は、口と口の周りの筋肉を動かすための準備体操です。やり方はとても簡単!食事の前に口を大きく開閉したり、「パ、タ、カ、ラ」の4音を発音する「パタカラ体操」を行うだけでOKです。唇や舌を横や前に動かしたりする動きは、噛む力の向上や誤嚥(ごえん)予防に大きな効果があります。

「パタカラ体操」は年配の方だけでなく、30代の人にもおすすめの習慣です。口内フローラの乱れは、30代でも注意が必要。実は歯周病が口内フローラの乱れと深い関係があるのです。

キスや食器から感染!?人からうつる歯周病

歯磨きが不十分だったり、砂糖を過剰に摂取したりすると、歯の表面に歯垢(プラーク)が付着します。歯垢には、1ミリグラムあたり約10億個ともいわれるほどの細菌が含まれており、虫歯や歯周病の原因に。注意すべきは、口内フローラの乱れが自身の虫歯や歯周病を招くだけではなく、他人にもキスや食器、カトラリーの共有からも感染する可能性が高いという点です。

カテキンパワーで口内をキレイに保つ

フッ素とカテキンを豊富に含む緑茶は、抗菌作用が高く、口内フローラを整え、虫歯や口臭予防に最適の飲み物といわれています。緑茶からカテキンを効率よく採るには、茶葉を粉末にして、丸ごと摂取するのがおすすめです。茶葉は特に無農薬・低農薬のものを使用するとよいでしょう。

「口内フローラ」が、私たちの健康にいかに大きな影響を与えているかがわかったでしょうか。普段の歯磨きにプラスしてパタカラ体操や緑茶を飲むなどを行い、マウスケアを見直してみましょう。

<参考文献・参考サイト>                                

世界一受けたい授業

「暮らしの話題」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play