ヘルスケア
2017年03月09日更新 2017年03月09日公開

実は深いつながりがあった!腰痛予防のための腹筋トレーニング

腹筋と足腰は一見無関係のように感じますが、実は深いつながりがあり、腰痛を予防するためには腹筋を鍛えることが大切なのです。こちらでは、自宅で簡単にできる、腰痛予防におすすめの腹筋トレーニング方法をご紹介します。

腹筋と足腰には深いつながりがあり、腹筋を鍛えることは、腰痛予防にもつながるといいます。こちらでは、自宅で簡単にできる、おすすめの腰痛予防筋トレをご紹介します。

腹筋と足腰は密接に関係している

腹筋を鍛えるためには、腹筋だけに注意を払っていればいいというわけではないようです。

腹筋と足腰は、とても深い関係にあります。というのも、実は足腰のバランスを保つために腹筋は重要な役目を担っています。

ただし、腹筋を鍛えればいいというわけではありません。なぜなら、足腰の筋肉量が低下すると、腹筋も連動するように低下。これは、トレーニングをする際にも似たようなことが言えます。足が不安定な状態で腹筋を鍛えようとすると、バランスが取れず、腹筋に十分な負荷を与えられません。

引用:ヘルスケア大学

足をしっかり固定して

足をしっかり固定して腹筋を鍛える方法なら、しっかり腹筋に負荷を与えることができます。立っている状態であれば、地面を踏み込めばいいですが、寝ている状態のときはどうしたらよいでしょうか?

そんなときは、壁を使うことをオススメします。

仰向けに寝た状態で足を上げ、ヒザを90度に曲げ壁に両足を付けます。足と足の間を少し空けると、より安定感がアップ。この体勢を保つようにすれば、腹筋に集中してトレーニングができます。

引用:ヘルスケア大学

ストレッチで柔軟性を維持することも大切

腰痛予防のために腹筋をしたら、逆に腰を痛めてしまったというような悲しいことにならないために、腹筋の周囲の筋肉をストレッチなどで柔らかくしてから、トレーニングすることも大切なポイントです。

腰痛と股関節、腰痛と腿の裏側――。無関係のように思えますが、これらの筋肉が硬いと、腰に負担がかかってしまいます。立位体前屈や上体反らしをするとわかりやすいのですが、股関節や腿の裏側、背骨周辺の筋肉は、普段立っている時にはその伸びを感じにくい部分です。これらの筋肉は硬くなりやすく、硬い状態で腹筋を続けていると、腰の動きを制限することに。その結果、腰にダメージを与えてしまうのです。

これらの筋肉が硬い場合は、長座体前屈や上体反らしなどのストレッチで柔軟性を高めることが必要です。

引用:ヘルスケア大学

ストレッチと腹筋で腰痛予防を

テレビを見ながらや、お風呂あがりなど、短い時間でもいいので今日から始めてみませんか?足を固定して、しっかり負荷を与える方法で腹筋を鍛えれば、腰痛予防とともに、引き締まったお腹とがっしり体を支える足腰を手に入れることができるでしょう。

「ヘルスケア」記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

リサーチランキング

Q&Aランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play