ヘルスケア
2017年03月02日更新 2017年03月02日公開

猫背を改善したい!自分に合った枕の選び方のポイントは

猫背の原因は仕事中や歩き方の姿勢だけでなく、睡眠中の姿勢にもあるといわれています。体に負担のかからない正しい姿勢で寝るには自分に合った枕選びが大切です。今回は、猫背を防ぐ枕の選び方のポイントをまとめてみました。

通常の背骨はゆるやかなS字のカーブを描くことで、さまざまな衝撃を吸収しています。猫背になるとこの湾曲が強くなってしまい、体に悪影響を与えてしまいます。

猫背と寝方の関係性とは

猫背は起きて活動している間の姿勢だけではなく、寝ているときの姿勢も関係しています。猫背の人には、仰向け以外の寝方が多いといわれています。

横向きの寝方は、体全体を丸めた状態になります。そのため、眠りながらにして猫背の姿勢になってしまうことになります。そればかりでなく、肩が内側に入った状態の巻き肩も引き起こします。巻き肩になると肩甲骨の動きが悪くなるため、肩がこりやすいという性質があります。

引用:ヘルスケア大学

また、うつぶせで寝てしまう場合は、呼吸がしにくくなるため首だけ横を向く姿勢が続きます。

横向きの状態で寝るくせがついてしまうと首が歪み、肩こりや首の痛みの原因になります。また、首のねじれが引き起こるため、そのねじれを軽減するために股関節をひねるくせもついてしまいます。その結果、腰椎もねじれて、腰痛を引き起こす可能性があります。

引用:ヘルスケア大学

猫背改善の為の正しい枕の選び方

猫背を改善するには、正しい姿勢でに寝るように心がけることが大切です。そのためには、枕の選び方も大切なポイントとなります。次のような点に気をつけて選んでみるといいでしょう。

頭を支える硬さのものを

頭が沈んでしまう柔らかさのある枕は、首の部分に歪みを引き起こすことがあります。そのため、頭を支えることができる硬さのある枕を選ぶようにしましょう。

適切な高さの枕を用意する

人の首はアーチ状になっており、仰向けになると布団との間に隙間ができます。この隙間を埋める程度の高さの枕を選ぶと、自然な姿勢が保てると考えられます。

引用:ヘルスケア大学

枕に頭を乗せたときに、腰よりも3~4センチほど高い状態がベストといわれています。

首と頭を支えることができるかどうか

背骨は横からみたときに、ゆるいS字カーブをキープしています。

寝ているときもS字カーブを自然にキープできるよう、首から頭までを支えることができる枕を選びましょう。また、猫背の人の中には、首のカーブがないストレートネックという状態の人も多いため、首や肩の痛みを感じることがある場合は首のカーブを作る枕を使用するとよいでしょう。

引用:ヘルスケア大学

定期的に買い換えて自分に合った枕を

寝ている間の姿勢は健康に影響を与えるといわれています。猫背を防ぐためにも、正しい姿勢で寝ることができるように自分に合った枕を選びましょう。また、枕の機能を維持するためにも定期的に買い換えることをおすすめします。

「ヘルスケア」記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

リサーチランキング

Q&Aランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play