暮らしの知恵
2017年03月30日更新 2017年03月30日公開

栄養たっぷり!太陽の恵みを受けたトマトの効果的な摂取方法

トマトにはどのような栄養があるのでしょうか。実はトマトには複数の栄養素が含まれており、効率良く摂取するにはある工夫が必要だといいます。今回はトマトの栄養と効果的な摂取方法について解説します。

太陽の光をたっぷり浴びて育った真っ赤なトマトには、どのような栄養があるのでしょう。さっそく見ていきましょう。

トマトに含まれる栄養素と効果

トマトにはさまざまな栄養素が含まれています。

・リコピン

予防する働きがあることで知られています。また、脂肪の蓄積を防ぐ働きもあることから、生活習慣病の予防やダイエットにも効果的とされています。

引用:スキンケア大学

・リンゴ酸・クエン酸

トマトの酸味成分です。疲労の回復や、胃粘膜の健康を保つ働きがあるため、夏バテなどで体力が消耗している方にオススメです。

・ケルセチン

トマトの皮に多く含まれる成分です。血管を丈夫にする働きがあるため、動脈硬化の予防効果が期待できるとされています。

・食物繊維

腸内環境を整えて便通をよくする作用や、コレステロール値を下げる働きがあるため、便秘の改善や生活習慣病の予防に効果的と考えられています。

引用:スキンケア大学

・カリウム

カリウムには、体内の余分な水分と塩分を排出する作用があるため、むくみの改善と高血圧の予防に役立ちます。

・グルタミン酸

うまみ成分のひとつです。内蔵脂肪の蓄積を防ぐ働きがあるため、生活習慣病の予防に効果的と考えられています。また、グルタミン酸をはじめとするアミノ酸は、肌の潤いを保持する天然保湿成分の40%を占めるため、摂取することで美肌効果ももたらします。

引用:スキンケア大学

トマトジュースでより多くの栄養素をゲット

トマトに含まれる栄養素は、トマトが完熟すればするほど含有量が多くなります。トマトジュースは熟したトマトから作られるため、たっぷりの栄養をとり入れることができます。

 

トマトジュースには、水溶性食物繊維であるペクチンが特に多く含まれています。

引用:スキンケア大学

トマトジュースには、真っ赤に熟したトマトが使用されます。それは、ジュースの色を、着色料ではなくトマト本来の色で出すためです。このような理由から、生食用のトマトと加工用トマトの栽培方法も異なります。生食用トマトがビニールハウスで栽培されるのに対し、加工用トマトは太陽を存分に浴びてしっかり熟すよう、外で栽培されます。トマトジュースはこのような完熟トマトから作られるため、生食用のトマトよりも栄養素をたくさん含んでいるのです。

引用:スキンケア大学

トマトジュースで効率よく栄養を摂取

太陽の光をたっぷり浴びて育ったトマトには、さまざまな栄養がたっぷりと詰まっています。トマトはそのまま食べても構いませんが、ジュースを飲むことで効率よく栄養を摂取することができます。トマトジュースを飲んで、健康的な身体になりましょう。

「暮らしの知恵」記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

リサーチランキング

Q&Aランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play