暮らしの知恵
2017年04月13日更新 2017年03月27日公開

低カロリーで栄養たっぷり!きのこの魅力を知ろう

いろいろな種類があるきのこですが、低カロリーでダイエット食材としてもよく知られています。また、美容だけでなく健康にもよい栄養分をたっぷりと含んでいます。今回は、このきのこについて紹介していきます。

スーパーなどに行くと一年を通していろいろなきのこが並んでいます。きのこは、カロリーが低いということでよく知られていますが、どのような栄養素や効能があるのでしょうか。

キノコキトサンが脂肪を減らす

キノコキトサンはきのこから取り出された成分です。脂肪吸収を妨げる、脂肪を燃焼してくれるという2つの作用があります。

体内に入った栄養素は小腸で吸収されて、一部はエネルギーとして使われ余ったものは白色脂肪細胞の中に蓄積されます。これが体脂肪です。食べ物として口にした脂肪も同じ原理で白色脂肪細胞に蓄えられられ、減らすためには大変な努力が必要になります。

キノコキトサンは小腸内で脂肪を吸収する役割をする膵臓リパーゼを阻害して、脂肪の吸収を阻止します。つまり脂肪の多い食事をとる時に、キノコ料理を一緒に食べると脂肪の吸収は少なくなるということです。

もう1つの脂肪燃焼作用については、キノコキトサンのどの部分が脂肪の燃焼に関係しているのか現在はまだハッキリ分かっていません。

引用:ヘルスケア大学

キノコキトサンの摂取量の目安

キノコキトサンのサプリメントもありますが、毎日の食事の中できのこを食べて簡単に摂取することができます。気軽に食べられる量なのでダイエットに取り入れてみることをおすすめします。

サプリメントでキノコキトサンを摂る方法もありますが、食事からも簡単に摂取することができます。1日に食べるキノコの量は100gから150g、目安としてはスーパーなどで売っているパックの半分から1袋です。

キノコキトサンは水溶性のため、キノコは洗わないで軽く火を通すのが料理のコツです。現在のキノコは菌床栽培が主流ですから、土などの汚れは付いていませんし洗わなくても問題ありません。キノコキトサンは、手軽に摂ることができるダイエットの味方です。

引用:ヘルスケア大学

美肌効果が高い「まいたけ」

いろいろなお料理に使えるまいたけですが、香りがよくお鍋の具材としてもよく使われます。このまいたけには、美肌効果があり女性にとっては見逃せない食材です。

美肌効果が期待できるきのこは、ズバリ!まいたけです。

肌荒れを防ぐビタミンB2、お肌の潤いを保つトレハロースをはじめ、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の発生を抑えるチロシナーゼ阻害物質も含まれており、美白効果やストレスが原因で起こる肌荒れを予防・改善する働きもあります。

このほかにも、便秘の解消に必要な不溶性食物繊維と腸内の環境を整えてくれる水溶性食物繊維の両方を含み、便秘によって引き起こされる肌荒れの改善にも効果が期待できるなど、女性にとっては嬉しいことばかり。また、むくみを解消するカリウムを含んでいたり、カロリーも低いためダイエットをしている方にも適しています。

引用:スキンケア大学

家族みんなで積極的に取ってほしい食材

その他のきのこ類も、食物繊維が豊富で便秘の予防に効果が高いといわれています。また、ビタミンDというカルシウムを効率よく吸収させる作用の成分が含まれているので成長期の子供達にも積極的に摂取すると良いといえるでしょう。

「暮らしの知恵」記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

リサーチランキング

Q&Aランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play