暮らしの知恵
2017年03月28日更新 2017年03月28日公開

タケノコの本来のおいしさがわかる!自宅でできるゆで方とは

「タケノコを調理したいけれど難しそう」と思っている人におすすめの、簡単なタケノコのゆで方をご紹介します。意外にも少しの手間でタケノコはゆでることができます。タケノコ本来のおいしさをぜひ味わってみてください。

タケノコの調理は難しそうと思っている方に、簡単なタケノコのゆで方をご紹介します。タケノコにはさまざまな栄養が豊富に含まれています。上手にゆでて、タケノコのおいしさを味わってみてください。

タケノコにはこんなチカラが!

日頃、なんだか疲れが取れないという方には、タケノコがおすすめです。タケノコには疲労回復効果があるといわれています。また、食物繊維も含まれているため、便秘にお悩みの方は食べてみるといいかもしれません。

・ビタミンB1

「疲労回復のビタミン」とも呼ばれるビタミンB1は、疲労の原因となる乳酸を分解する働きがあるため、疲れやすい方やエネルギー不足を感じている方は、積極的に取り入れるようにしましょう。

・食物繊維

便秘の解消はもちろん、体内の余分なコレステロールの排泄や血糖値の急激な上昇を防ぐ働きがあります。胃腸の中にある水分を吸収することで膨らみ、空腹感を抑えることができるので、ダイエットはしているものの、普段から便秘がちな方は積極的に取り入れるとよいでしょう。

引用:スキンケア大学

このほか、さまざまな「ビタミン」やむくみ解消に役立つ「カリウム」、肌の潤いを保つ「グルタミン酸」などが含まれています。

タケノコの下準備について

みなさんが手間だと感じてしまうのは、タケノコにはこの下準備が必要だからではないでしょうか。けれど、実はそれほど難しい作業ではありません。

1.たけのこの外側についている皮を2~3枚はがし、残りの皮はそのままにして流水で洗い、汚れを落とします。

2.たけのこの先端(約1/5程度)を斜めに切る。(実の部分を切り落とさぬよう注意)

3.アクを抜きやすくするため、切った部分に垂直に、包丁で切れ目を入れておきます。

引用:スキンケア大学

タケノコのアク抜きとゆで方について

では次に、タケノコのアク抜きとゆで方をご紹介します。タケノコをおいしく食べるために、次のような方法でアク抜きをし、タケノコをゆでます。

1.大きめの鍋にたっぷりと水を入れ、水に対して1割程度の米ぬかもしくは米のとぎ汁を入れます。(たけのこ500gに対して生米を大さじ3杯入れてもOK)

2.2~3本程度の鷹の爪をそのまま一緒に鍋に入れます。

3.最初は強火でグツグツと煮立たせたら、弱火にして1~1.5時間程度ゆで、竹串がすんなりと通ったら火を止めます。(途中で水が少なくなったら、その都度水を足す)

4.そのまま何もせず1時間ゆで汁に漬け冷ませば、アクがどんどん抜けていきます。

(時間がある場合は、弱火のまま2~3時間ゆでることをオススメします)

引用:スキンケア大学

思ったほど難しくない!

タケノコの下準備からゆで方までご紹介しました。ゆであがったら、炊き込みご飯や煮物など、様々な料理で楽しみましょう。スーパーでタケノコをみかけたら、ぜひ挑戦してみてください。

「暮らしの知恵」記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

リサーチランキング

Q&Aランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play