暮らしの知恵
2017年03月23日更新 2017年03月23日公開

実は頼れるビューティードリンク!?「緑茶」が持つ嬉しい効能

日本人になじみ深い「緑茶」。緑茶には、カテキンやビタミンCなど、美容と健康によいとされる成分が豊富に含まれており、肥満や生活習慣予防などにも役立つといわれています。こちらでは、緑茶の持つ嬉しい効能についてご紹介します。

緑茶には身体によいとされる成分が豊富に含まれています。緑茶を飲むことで肥満予防など、美容にも健康にも嬉しい効果が期待できます。こちらでは、緑茶の持つ効能についてご紹介します。

緑茶に含まれる嬉しい栄養成分とは

普段、私たちが何気なく口にしている緑茶ですが、実は、カテキンやテアニン、ビタミンCなどさまざまな成分が含まれており、美容と健康に嬉しい効果が期待できるのです。

カテキンには、悪玉コレステロールの増加を防ぐ作用もあります。そのため動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐことができるほか、生活習慣病の予防にも繋がります。緑茶はテアニンやビタミンCなど、美容・健康によい成分が多く含まれている食品です。サプリメントを利用するという方法もありますが、緑茶を飲むほうがよりよい効果を得ることができるでしょう。

引用:スキンケア大学

血糖値の上昇を防ぎ、肥満予防にも

緑茶に含まれるカテキンによって、消化がゆるやかになるといわれています。これによって脂肪の吸収が穏やかになり、肥満予防に効果が期待できます。

カテキンには、唾液やすい液に含まれる消化酵素の働きを抑える作用があります。そのため、消化に時間がかかるようになり、食後の血糖値の上昇を防ぐことができるとされています。

また、肥満で内臓脂肪が多いと、肥大した脂肪細胞からインスリンの効き目を下げる物質(アディポネクチン:前出)が分泌されるので、血糖値が上昇しやすくなります。しかし、カテキンを食事とともに摂取すると、体内に脂肪が吸収されるスピードが穏やかになるため、肥満の予防・改善にも効果的と考えられています。

引用:ヘルスケア大学

緑茶で気持ちもリラックス

緑茶には、テアニンと呼ばれる希少な成分も含まれています。

テアニンはアミノ酸の一種で、緑茶に含まれていることで有名な成分です。自然界でも限られた植物にしか存在していませんので、「テアニンといえば緑茶」といっても過言ではありません。緑茶特有のうま味や甘味は、このテアニンによって引き出されているものです。

引用:ヘルスケア大学

緑茶を飲んで落ち着いたという経験はありませんか?テアニンには、リラックス効果も期待できるのです。

テアニンを摂取すると、40~50分後にリラックス状態の脳波であるアルファ波が出ることがわかっています。また、脳内の神経伝達物質のバランスを整えることもわかっており、イライラや不安感を軽減してくれます。月経前症候群(PMS)による同様の症状に対しても、効果が期待できます。

引用:ヘルスケア大学

緑茶を飲んで心も体も美しく!

私たちが普段何気なく飲んでいる緑茶からは、健康維持や美容にも役立つ効果が期待できます。忙しい時も緑茶を飲んでホッと一息つけば、心も体も休まりそうですね。ぜひ緑茶を飲んで、いつまでも美と健康を保ちましょう!

「暮らしの知恵」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play