ボディケア
2017年04月11日更新 2017年04月11日公開

歪みを取ってトラブルを回避!自分でできる骨盤矯正の方法

骨盤の歪みは、冷え性、便秘、むくみなどといった問題を引き起こすと聞いたことはないでしょうか。矯正には整体院や整骨院などに行く必要がありますが、セルフでもある程度可能だといわれています。自分でできる骨盤矯正をご紹介します。

骨盤の歪みやずれを矯正すると、肩こり、倦怠感、冷え性、便秘、生理痛、むくみなどの解消が期待できるといわれています。整体院や医院に行かずに、自分でできる骨盤矯正の方法を試してみましょう。

生活のクセが作り出す骨盤の歪み

骨盤が歪むという表現は、骨が変形してしまっているわけではありません。骨盤の位置がずれ、関節や筋肉が歪んだ状態になり、それによって体の不具合が起こることを指しています。原因はさまざまですが、長年にわたっての歩き方や座り方のクセなども影響するので、骨盤矯正を行う前に姿勢などを見直すことをおすすめします。

座るときに脚を組む、椅子に浅く腰かけて後ろに寄りかかる、横座り、ペタンコ座り、片脚に体重をかけて立つ、内股あるいは外股で歩く、うつむいて歩く、脚をひきずって歩く、猫背、パソコン中心のデスクワークといった動作は、骨盤の歪みの原因になるといわれています。同じ動作を続けていると、筋肉や関節がその位置に固まりやすく、骨盤の歪みが発生することが多いと考えられます。

引用:ヘルスケア大学

セルフでできる骨盤矯正ストレッチ

骨盤矯正はプロの手を借りるのが一番ですが、簡単なものならセルフで行うこともできます。筋トレと違って長時間行う必要もないので、忙しい人でもできるでしょう。しかし、骨盤の歪みは人それぞれなので、どのような原因によって歪みが起こっているのかも分析しておきましょう。まずは、生理痛の応急処置として知られるストレッチを、1日3セット行ってみてはいかがでしょうか?

・仰向けに寝て、骨盤の下に、手のひらを上向きにした状態の両手を入れます。

・そのまま両脚を上げてひざを曲げた姿勢を15秒間保ちます。

・さらに、首を起こして姿勢を5秒間保ちます。

引用:ヘルスケア大学

セルフでできる骨盤矯正スクワット

O脚を改善し、下半身を痩せさせるといわれるスクワットも行ってみましょう。1セット20回、毎日か1日おきが理想です。

・脚を肩幅より少し狭く開いて立ち、胸の前で腕を交差させます。

・ひざの間に丸めたタオルを挟んで、脚の内側を意識しながらスクワットを行います。

引用:ヘルスケア大学

また、両脚を伸ばして座りお尻で歩くことも骨盤矯正になります。腕は胸の前で交差させ、背筋を伸ばし、左右の脚を交互に出すエクササイズも試してみましょう。

全身のバランスが取れるプロの施術

骨盤矯正だけしても、他に歪みがあればまた歪みが再発しやすいとされています。歪みを取る前の状態に戻ってしまわないためには、バランスをとった矯正が必要です。自分で行う矯正で結果が得られない場合は、プロの施術を受けるのも選択肢のひとつです。

「ボディケア」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play