ボディケア
2017年04月12日更新 2017年04月12日公開

筋トレだけでなく寝方や枕選びも大切!「猫背」を治す方法とは

猫背に悩んでいる人はいらっしゃるかと思います。猫背を治す方法として、筋トレなどさまざま方法が考えられますが、実は、寝方や枕選びなども大切だといわれています。今回は、猫背を治す方法についてご紹介します。

猫背を治す方法として、筋トレなども考えられますが、ほかにも寝方や枕の選び方も猫背対策のカギとなるといわれています。では、どのような寝方や枕が猫背対策に効果が期待できるのでしょうか?

猫背になりやすいNGな寝方

猫背の人は、横向きに寝たり、うつぶせ寝をしたりする傾向があるといわれています。もし、心あたりのある人がいましたら、仰向けに寝る習慣をつけましょう。仰向けに寝たくても、気がつくと横向きやうつぶせで寝てしまっている場合は、バスタオルを腰にあてて寝ると仰向けになりやすくなります。

眠っているときは無意識に寝返りをうち、いつの間にか横向きやうつぶせで寝てしまうこともあるでしょう。そこで、4つ折りにしたバスタオルを腰にあてて眠ることで、仰向けの姿勢を保ったまま寝ることができます。

引用:ヘルスケア大学

枕の選び方も大切

猫背を治す方法として、枕の選び方も大切だといわれています。では、どのような枕が猫背対策に効果が期待できるのでしょうか?

姿勢を正すと、首から腰までの背骨は、ゆるくS字カーブを描いています。そのため、寝ているときもS字カーブを自然にキープできるよう、首から頭までを支えることができる枕を選びましょう。また、猫背の人の中には、首のカーブがないストレートネックという状態の人も多いため、首や肩の痛みを感じることがある場合は首のカーブを作る枕を使用するとよいでしょう。

引用:ヘルスケア大学

合わせて筋トレもするとさらに効果的

寝ているときのケアの仕方で、猫背の改善が期待できるといわれていますが、もちろん筋トレも大切です。猫背の原因として筋力の低下も関係しているようです。ぜひ、筋トレもプラスすることで、効果的に猫背を改善していきたいものです。

骨盤まわりのインナーマッスルである「腸腰筋(ちょうようきん)」の筋力が落ちてしまうと、骨盤が後傾してしまい、猫背になる場合があります。骨盤に歪みが生じることで、お腹もポッコリと出てしまいます。腸腰筋を鍛えるストレッチを行なうことで、骨盤の後傾や猫背の改善、腰まわりのシェイプアップ、代謝を高めることによるダイエット効果が期待できます。

引用:ヘルスケア大学

枕選びなど猫背を治す方法をしっかりチェック

猫背を治す方法として、筋トレも効果が期待できますが、寝ているときの寝方や枕のタイプも関係するといわれています。これらについても注意していくことで、効果的に猫背を治していくことができるかもしれません。

「ボディケア」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play