仕事
2017年04月16日更新 2017年04月16日公開

クマが原因で「疲れ顔」に…!解消するためのスキンケア方法

仕事の疲れから疲れ顔に見えてしまうことで、5歳ほど見た目が上がるといわれています。そのような疲れ顔の理由としてクマなどがあげられており、ここでは、クマを解消するためのスキンケア方法などをご紹介します。

仕事の疲れにより疲れ顔に見えてしまうことがあり、実際の年齢より5歳ほど見た目が上がってしまうとされています。特にここでは、クマを解消するためのスキンケア方法や応急処置などをご紹介します。

なぜ疲れ顔に見えてしまうのか

疲れ顔に見えてしまうと、周りから心配されてしまったり、自分でも気分が落ち込んでしまったりするといわれています。

しっかり睡眠をとっているのに、友達から「疲れてる?」、「寝不足?」などと声をかけられて苦笑い…。鏡を見てみると目の下にクマができていたり、何となくくすんでいて顔色が悪く不健康そう…いわゆる「疲れ顔」にはがっかりしてしまいます。

20代後半から30代にかけて、初めて肌の衰えを実感する方が多いようですが、こういったクマ・くすみによる疲れ顔は、見た目年齢を5歳も引き上げてしまうと言われます。

引用:スキンケア大学

自宅できるスキンケア方法

ここでは、自宅でできるクマのスキンケア方法についてご紹介します。クマを解消するために意識して行ってみてください。

・睡眠を十分にとりましょう。

・適度な運動や半身浴などで全身の血流を良くし、ハリのある肌を保ちましょう。

・ビタミンやミネラルなど肌にいい栄養素をバランスよく摂取。特に茶くまの場合はメラニンの生成を抑えるビタミンCを、青くまの方は鉄分を多めに摂りましょう。

・パソコンや読書などで目が疲れると血行が悪くなるため、ホットタオルなどで目を温めましょう。

引用:スキンケア大学

・ビタミンC誘導体などコラーゲンを増やす成分を配合した美容液やパックで目元をケアし、健康的な肌を保ちましょう。

・茶くまの場合は、ビタミンC誘導体配合など美白効果のあるコスメで目元ケアをしましょう。

・アイクリームを使って滑りをよくした上での目元マッサージは、血行促進に効果的です。ただし、強くこすりすぎるとくすみ(色素沈着)による茶くまを悪化させるため注意しましょう。

引用:スキンケア大学

目の下にできたクマへの応急処置

寝不足や長時間のテレビの視聴などすると翌朝は、目の下にクマができやすくなるといわれています。メイクをする前などに以下の応急処置を行うと、よりクマを隠すことができるとされています。

タオルを軽く絞り、電子レンジで加熱(500Wで約1分)。適度に冷ました蒸しタオルを両目の上に乗せて、そのまま5分ほど温めましょう。

さらに効果をアップさせたい場合は、冷水で絞ったタオルとホットタオルを30秒ほどずつ交互に当てると、すばやく血行を促進し目元をすっきりさせてくれます。

引用:スキンケア大学

きちんとクマのケアをしましょう

クマにはさまざまの種類があります。それは原因によって異なり、遺伝的要因や加齢によりできやすい場合があるといわれています。適切なケアを行うことで改善につながるため、日常生活でできるケアなどを意識してみてください。

「仕事」記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

リサーチランキング

Q&Aランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play