恋愛・結婚
2017年04月04日更新 2017年04月04日公開

コンドームで性器がかぶれた…!原因はアレルギー?感染症?

さまざまな刺激を受ける外陰部は、日頃からかゆみやかぶれを起こしやすいパーツですが、その原因がアレルギーや感染症によるものだったりすることも考えられます。外陰部がトラブルを起こす、いろいろな要因を見ていきましょう。

     

外陰部は、日頃からかゆみやかぶれを起こしやすいものですが、性行為の際に使う天然ゴム製のコンドームでトラブルを起こすこともあるようです。また、パートナーに感染症をうつされるという可能性も否定できません。

かぶれの原因はなに?

コンドームは、ラテックスという天然ゴムを使った製品が多く出回っています。このコンドームの製造時に使われる薬品により、刺激を受けたり、ラテックスアレルギーを持っていたりすると接触性皮膚炎を起こし、赤みやかゆみが出ることがあるとのことです。

「かぶれ」とも呼ばれ、接触した部分とそうでない部分ではっきりと境界が見えるのが特徴的です。かゆみや痛みをともなう場合もあります。

引用:ヘルスケア大学

接触性皮膚炎と聞くとアレルギーを持っている場合だけと思われがちですが、アレルギーが原因ばかりでなく、一時的な刺激を受けた場合にも起こることがあるので、注意が必要です。

「一時刺激性接触皮膚炎」は、原因物質に触れることで湿疹を起こします。原因物質自体が持つ刺激や毒性によってかぶれるため、アレルギーに関係なく誰にでも起こりえます。

引用:ヘルスケア大学

コンドームには天然ゴム製以外にポリウレタンを使った製品もあります。こちらはアレルギーを起こしにくくなっているので、製品の原材料を確かめて利用するようにしましょう。

感染症の可能性も!

外的要因がないのにかぶれやかゆみがあるときは、なんらかの感染症の可能性も考えられます。コンドームによる接触性皮膚炎であれば、刺激を排除することで症状は治まっていきますが、感染症の場合は自然に治まることはありません。

感染したままそのままにしておくと、症状が悪化するだけでなく、男女ともに不妊の原因になったり、妊娠したときに母子感染して赤ちゃんに悪影響をおよぼす可能性があります。

引用:ヘルスケア大学

また、コンドームの使用は性感染症予防に有効ですが、正しく使用しなければ意味がありません。使用時には、注意事項を確認して正しく装着してください。

引用:ヘルスケア大学

かぶれを引き起こす性感染症の主なものは、

・性器ヘルペス症

・性器カンジダ症

・毛ジラミ症

などです。おかしいと思ったときは、必ず医療機関で検査を受けましょう。

ケアをしても治らないときは

外陰部は、下着の締め付けや生理用品の使用、また、体調不良などによってもトラブルを起こしがちですが、性行為が原因で起こる可能性も否定できません。ケアを怠っていないのにかぶれてしまったら、医療機関に相談することも考えてみてください。

「恋愛・結婚」記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

リサーチランキング

Q&Aランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play