ヘルスケア
2017年04月04日更新 2017年04月04日公開

二日酔いの対処におすすめ!予防や改善が期待できる食べ物を紹介

お酒を飲みすぎてしまった次の日などに、頭痛や吐き気などを感じる症状を「二日酔い」と呼ぶことがあります。その二日酔いにならないようにするための対処法として、症状の改善が期待できるおすすめの食べ物をご紹介します。

 

アルコールを飲むことで体の中で色々な反応が起こり、頭痛や吐き気をおこすことがある「二日酔い」。対処法の1つとして、症状を軽くしたり二日酔い予防に期待ができる食べ物をご紹介します。

二日酔い予防におすすめの食べ物

二日酔いを予防するためにあらかじめ食べておくとよい食べ物をご紹介します。

<ウコン(クルクミン)>

二日酔い対策のドリンク剤にも用いられているウコンには、クルクミンという成分が含まれています。このクルクミンは胆汁分泌を促して肝臓の解毒能力を向上する性質があるため、飲酒の前にウコンを摂取することで、二日酔いのリスクを軽減することが可能です。

<肉、魚、枝豆、豆腐(タンパク質)>

肝臓がアルコールを分解する際、タンパク質が必要になるため、お酒の席ではタンパク質を摂取したおいたほうが悪酔いしにくくなります。

引用:ヘルスケア大学

これら以外にも、ヨーグルトや納豆、オクラなどにも二日酔いを予防する効果が期待できるといわれていますので、積極的に食べておくとよいでしょう。

二日酔いの改善におすすめの食べ物

では次に、「二日酔いになってしまった場合」におすすめの食べ物を紹介します。

<ハチミツ>

アメリカの全米頭痛財団が発表した内容によれば、二日酔いの頭痛を緩和するのに優れた食材がハチミツとのこと。これはハチミツに含まれる果糖の働きにより、アセトアルデヒドが分解されるためです。

<柿(タンニン、カタラーゼ)>

柿にはミカンの2倍に相当するビタミンCが含まれており、肝臓の働きを助ける効果が期待できます。さらに注目するべきは、柿のタンニン、カタラーゼ。これらはアルコール分解を促進する作用を持っているため、二日酔いの症状を早く治したい方にピッタリなのです。

引用:ヘルスケア大学

また、スポーツドリンクなどで水分補給をしたり、頭痛の改善を目的にコーヒーを飲んだりするのもおすすめです。

適切な対応で症状の回復

二日酔いになってしまったときに大切なのは、まずは水分補給をすることといわれています。その点を踏まえたうえで、ここまでご紹介した食べ物を食べ、適度な飲酒を心がけることで二日酔いに対処していきましょう。

「ヘルスケア」記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

リサーチランキング

Q&Aランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play