ヘルスケア
2017年04月10日更新 2017年04月10日公開

鼻水が原因?「目やに」に変化があるときは〇〇に気をつけて!

「目やに」とは、目の代謝活動でつくられる、生理的な分泌物です。しかし、通常のものと症状が違うときは細菌やウイルスのせいかもしれません。眼病予防のためにも、適切な対処方法を知っておきましょう。

「目やに」は生理現象とされていますが、色や固さなどいつもと違うときは細菌やウイルスのせいかもしれません。とくに風邪をひいているときは目やにの状態をチェックするようにしましょう。

いつもと違う「目やに」に注意!

そもそも目やにとは、目に入ってしまった空気中のゴミやホコリ、新陳代謝による老廃物など、目を保護する過程で自然と出るようです。しかし、通常と変わった症状の目やにが出たら要注意です。

朝起きた時など、健康な人にも自然に現れる目やに。まばたきをしない睡眠中は涙や老廃物が鼻腔に排出されないために起こる現象です。

ただし、中には細菌やウイルスが原因で起こる炎症反応の目やにがあります。目やにの色や症状が普段と違ったら、それは適切なケアが必要な証です。見逃さないようにしましょう。

引用:ヘルスケア大学

目やにが増えた?それ、鼻炎の可能性アリ!

風邪をひき鼻炎になると、いつもより鼻水が出やすい状態になります。の鼻水が鼻涙管を逆流して、目やにとなって出てくるため、風邪をひくといつもより目やにの量が多くなるといわれています。

また、風邪のウイルスが目に侵入して結膜炎を起こします。そのせいで目やにがたくさん出ることもあります。

引用:ヘルスケア大学

目やにが多い時の対処法

実際に目やにが増えたときはどのように対処したらよいのでしょうか?つい、指先で拭ってしまいそうになりますが、雑菌などが入ってしまわないようにケアすることが大切です。

まずは、目やにをティッシュペーバーや綿棒などでやさしく拭き取り、手は清潔に保ちます。鼻水が目に逆流して目やにとなるわけですから、根源となる風邪や鼻水を治療すればよいのです。風邪が治れば、じきに目やにも治まるでしょう。

また、目やにが多いと、結膜炎を引き起す原因にもなります。風邪以外の病気のせいで目やにが出ている可能性もありますので、必要に応じて小児科や眼科を受診しましょう。一般的に、抗菌剤の目薬による治療が多いようです。

引用:ヘルスケア大学

まずは、風邪を治しましょう!

風邪を引いた時は、ただでさえ体調不良で辛いのに、目やにを丁寧にケアするのは億劫になるかもしれません。しかし、雑菌などがついてしまうと眼病のも繋がりかねないので、弱っているときほどしっかりと目もケアしてあげましょう。

「ヘルスケア」記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

リサーチランキング

Q&Aランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play