スキンケア
2017年05月18日更新 2017年05月18日公開

目が開かない…。まぶたのむくみの原因と解消方法を伝授!

私たちの身体のほとんどは水分で構成されているといわれています。体内を循環するはずの水分が滞ってしまうと、むくみとなって現れるおそれがあります。今回はまぶたのむくみの原因と解消法についてご紹介します。

まぶたがむくんでいるときに考えられる原因はひとつではないようです。では、どのような原因があるかさっそく見ていきましょう。

まぶたのむくみにかかわるさまざまな原因

まぶたがむくんでしまうと、視界が狭くなったように感じ、見た目の印象が変わるおそれがあるので、できるだけ避けたいものですよね。まぶたがむくんでいるときは、以下の原因が当てはまっているかもしれません。

塩分の摂りすぎ

顔などのむくみと同じように、塩分の摂りすぎがあげられます。塩分(塩化ナトリウム)は浸透圧のはたらきによって水をひきつけます。そのため、細胞間に余分な水分が残り、皮膚の薄いまぶたがむくむ原因となってしまいます。

引用:スキンケア大学

お酒の飲みすぎ

お酒は、短時間に血管を広げます。これは適度な量の飲酒であれば血行を良くするという良い面もありますが、血管内の水分が血管外(間質といいます)に漏れ出し、むくみの原因になります。

引用:スキンケア大学

睡眠不足または寝すぎ

睡眠不足は、老廃物や水分をためこみ、排出されにくくなるため、むくみの原因になります。また、反対に寝すぎることも、体を動かさない状態が長くなるため、リンパが顔にたまり、むくみの原因になります。

引用:スキンケア大学

また、枕が低いと顔に血液がたまりやすくなるそうです。すると睡眠不足につながり、まぶたのむくみがおこりやすくなるともいわれています。

まぶたの擦りすぎ

泣きすぎて目が腫れるなどと言いますが、実際は涙が原因ではなく、目をこすってしまうことが原因です。まぶたの裏には、多数の毛細血管があり、まぶたをこすりすぎると血管が痛んで(数日で修復されますが)、まぶたが腫れる原因になってしまいます。

引用:スキンケア大学

まぶたのむくみの解消方法

まぶたのむくみの解消方法には、さまざまな方法があります。今回は、その中から温冷タオルによる解消方法をご紹介します。タオルを2つ用意して、試してみてください。

蒸しタオルは、45℃程度のお湯に浸け絞ったものか、水に浸けて絞ったものを、電子レンジに1分ほどかけたものを使用します。冷やしタオルは、冷たい水に浸して絞ったもの(夏場は氷水で)を使用します。やり方は、温タオルを30秒ほど顔に被せて、その後に冷タオルを30秒ほど顔に被せます。この繰り返しを2、3セット行います。目元の血流もよくなるので、むくみの解消に繋がります。

引用:スキンケア大学

生活習慣を見直してまぶたのむくみを予防

まぶたのむくみは、塩分やアルコールの摂りすぎや睡眠環境の悪化などが原因で起こるといわれています。毎朝まぶたが重いという人は、生活習慣を見直し、まぶたのむくみを予防しましょう。

「スキンケア」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play