スキンケア
2018年05月22日更新 2017年05月12日公開

ホントに効果はある?「ベビーパウダー」で寝る前スキンケア

最近、スキンケアで幅広く活用されるようになっている「ベビーパウダー」。中には、寝る前に使用することで毛穴汚れが改善されたという話もあるようです。ここでは、ベビーパウダーのスキンケア効果について紹介しています。

「ベビーパウダー」は、手軽に手に入りデリケートな赤ちゃんの肌にも使えるやさしいアイテムとして知られています。スキンケアに有効だと話題になっていますが、ベビーパウダーには一体どのような活用方法があるのでしょう。

「寝る前パウダー」でニキビ改善?

ベビーパウダーは、一般的にはあせもやムレによる肌荒れ改善のために使用されることが多いものですが、一部の間では「ニキビが改善する」と話題になっています。使用方法は簡単で、寝る前に気になる部分にベビーパウダーをのせておくだけ。これだけで、ニキビや毛穴汚れが改善したというのです。

 

寝る時にベビーパウダーを顔や背中につけると、顔や背中のニキビが改善するという情報があります。また、「しっかり保湿した後、鼻にたっぷりベビーパウダーをのせて寝ると、いちご鼻が改善した」と言う人もいます。

 

引用:スキンケア大学

 

「ベビーパウダー洗顔」も?

さらにベビーパウダーを使用した洗顔も話題のスキンケアとなっています。方法は、ベビーパウダーと洗顔料を混ぜて泡立て、顔にのせてパックするという方法です。ほかにも、ベビーパウダーパックやベビーパウダーピーリングなど、あらゆる場面で使用されているようです。

 

・ティースプーン1杯程度のベビーパウダーを準備する

 

・手に洗顔剤を取り、ベビーパウダーと混ぜる

・泡立てネットを使い、泡立て、洗顔する

・そのまま顔の上に数分のせたままにし、パックする

この洗顔方法は、マイルドなスクラブ効果や、ベビーパウダーの吸着効果によって、毛穴の黒ずみ、角栓、余分な皮脂が取れたり、軽度のシミを美白する効果があると言われています。

引用:スキンケア大学

 

「医学的根拠」はないのが現状

ベビーパウダーを使用したスキンケアによって、あらゆる効果が期待できると報告されていますが、実はどれも医学的根拠はまだ確認できていないようです。しかし、肌にやさしい成分なので、使い方を工夫すればあらゆる用途に活用することができるかもしれません。塗り過ぎには注意して、正しくとり入れてみましょう。

 

まず一言で言うと、有効ではありません。

 

ベビーパウダーは、タルク(鉱物の粉末)とコーンスターチ(でんぷん)でできています。タルクが主成分なので、肌に並んだ鉱物の粉末が毛細管現象で汗を吸い上げ、蒸発を促すため、肌の摩擦や蒸れを軽減する作用があります。しかし塗りすぎると、毛細管現象が逆に働かなくなり、汗の蒸発をパウダーが邪魔する可能性もあります。

引用:スキンケア大学

 

 

ベビーパウダーを使った洗顔やパックは、「効果はないが悪影響も少ない」というのが実状のようです。

 

引用:スキンケア大学

 

自分に合った使い方を

ベビーパウダーによる美肌や美白効果は、残念ながらはっきりと確認できていません。ただ、デリケートな肌をもつ人にはあらゆる場面で活躍してくれるアイテムなので、自分に合った使い方をみつけてみましょう。

「スキンケア」記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

リサーチランキング

Q&Aランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play