スキンケア
2017年05月24日更新 2017年05月24日公開

シミやクレーターのようになったニキビ跡!どうすれば消える?

触ったりして潰してはいけないとわかっていても、気になってつい触ってしまうニキビ。その結果、ニキビが潰れて跡が残ったりしていませんか?今回は、そのようなニキビ跡が消えるのか、どのようなケアが必要かをご紹介します。

ニキビだけでも憂鬱なのに、それが跡となって残ってしまっては、さらに憂鬱になってしまいます。そのようなニキビ跡をキレイに消すことはできるのでしょうか?

ニキビ跡によって異なるケア方法

ニキビ跡によって、セルフケアできるものから皮膚科での専門的な治療が必要なものまでさまざまです。

色素沈着によるシミのような跡

シミのように残ったニキビ跡は、美白用の化粧水や美容液、クリームなどを塗り込むことで、ニキビ跡を目立たなくすることもできます。

メラニンによって色素沈着を起こし茶色っぽいシミのようになったニキビ跡の場合には、美白成分を含んだ化粧水や美容液、クリームなどが有効です。

引用:スキンケア大学

赤くなっている跡、浅いクレーターのような跡

赤くなっていたり、浅いクレーターのような跡にはピーリングなどのケアがおすすめです。ピーリングには、フルーツ酸(AHA)を含んでいる化粧品がいいでしょう。

赤っぽいニキビ跡や真皮にまで及んだダメージによるクレーター状のニキビ跡(浅いもの)には、フルーツ酸などのお肌の新陳代謝を活発にする成分が配合されたピーリング化粧品を使うと効果的です。これは、自然治癒をサポートすることで改善効果が期待できるためです。

引用:スキンケア大学

しこりができた跡、深いクレーターのような跡

ここまで跡が残っていると、セルフケアで薄くしたり、改善させるのは難しいといわれています。この場合、皮膚科での専門的な治療を受けることが望ましいです。

ダメージがかなり深部にまで達したことで起こるしこりやケロイド、深いクレーターのニキビ跡の場合は、自然治癒は難しいので、皮膚科専門医による治療を受けることになります。

引用:スキンケア大学

皮膚科での治療が必要なニキビ跡も!どのような治療がある?

皮膚科で受けられる治療にはどのようなものがあるのか、一例をご紹介します。

レーザー治療

レーザーで肌に小さな穴をあけることで、新陳代謝を促す方法です。

またレーザーの熱で活性化された真皮はコラーゲンを生成するので、くぼみを盛り上げる効果も期待できます。

引用:スキンケア大学

その他、肌の表面の水分にレーザーを当て、肌の凹んだ部分の縁を削り取って表面をならす「炭酸ガスレーザー」、レーザーの熱で肌を内側から盛り上げるとともに、冷却ガスで表面温度を保ち、凹んだ部分を盛り上げる「クールタッチレーザー」などがあります。

FGF治療

FGF(線維芽細胞増殖因子)をクレーター部分に注射し、細胞を増殖させる方法です。

複数回の注入を繰り返せば効果が永続的に続き副作用も少ないという画期的な方法ですが、その分高価な治療法です。

引用:スキンケア大学

カーボンピーリング

レーザーピーリングの1種で、微粒子のカーボンを肌に塗り、赤外線レーザーを照射する方法です。

赤外線は黒色に反応する性質があるため、カーボンに反応することで古い角質が除去されます。レーザーの熱が真皮に達して、コラーゲンを生成する効果があります。

引用:スキンケア大学

イオン導入

ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどの有効成分に電流を流してイオン化させることで、肌の深部に効率よく浸透させる方法です。

ターンオーバーの促進やコラーゲンを生成することで、クレーターを少しずつ改善していきます。

引用:スキンケア大学

ダーマローラー

極細の針が付いたローラーで、真皮に達する小さな傷を作り、その傷を治そうとする治癒力を利用する方法です。

コラーゲンが増えて肌を内側から持ち上げてくれるので、凹凸に効果的です。

引用:スキンケア大学

ニキビ跡には適切なケアを

できてしまったニキビ跡も、適切にケアすることで薄くしたり、改善させたりすることは可能です。自分のニキビ跡の状態がわからない場合は、医師に相談することも必要でしょう。

「スキンケア」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play