メイク
2017年05月29日更新 2017年05月29日公開

オイリー肌にはパウダーファンデーションがいい?その使い方とは

ファンデーションの種類が数多く展開されているなか、脂性肌(オイリー肌)にはパウダーが適しているといわれています。美しいメイクにするため、ファンデーションの使い方やスポンジの管理についても見てみましょう。

脂性肌(オイリー肌)には、パウダーファンデーションが適しているそうです。どのように使えば、メイクが美しく仕上がるのでしょうか?

パウダー系が適している理由や選び方

なぜパウダーファンデーションがおすすめといわれているのかは、パウダーが余った油分を吸い取ってくれるからだそうです。

クリームタイプやスティックタイプのファンデーションは油分が特に多いので、基本的に脂性肌には不向き。皮脂がたくさん分泌されると、皮脂と混ざってドロドロとファンデーションが落ちてきてしまいます。

引用:スキンケア大学

ニキビや敏感肌でお悩みの方は、シリコンなどのファンデーションを避けたほうがいいでしょう。

また、光沢のあるパール等が入ったファンデーションやパウダーを使用すると、皮脂がそんなに出ていなくても光でテカって見えてしまう場合があります。特にTゾーンなど皮脂分泌が多い箇所は、パールなどが入っていないものを使う方が無難です。

引用:スキンケア大学

ファンデーションの使い方

パウダーファンデーションを使うタイミングは、肌が冷えて毛穴が引き締まっているときがよいそうです。手早く行うことで、化粧崩れまでの時間が数時間変わるともいわれています。

スポンジを使う際は力を入れず、スーッとスライドさせるような感じでストロークし、摩擦で肌に負担を掛けないように気をつけましょう。

引用:スキンケア大学

また、使う量にも気をつけるとよいそうです。

量を多くつけすぎてしまうと白浮きして首との境目が目立ってしまったり、皮脂が分泌した際にヨレがひどくなりますので注意が必要です。

引用:スキンケア大学

ブラシを使えばさらに自然な仕上がりに

ブラシを使う場合も最初はスポンジで軽くファンデーションをのせた後、筆を使って首との境目や細かい部分を馴染ませましょう。仕上げに筆を使用すると余計なファンデーションを落とすことができ、より自然な仕上がりとなります。

引用:スキンケア大学

スポンジの管理について

お手頃価格でたくさん量が入っているものもありますので、こういったものを購入し使い捨てにするか、1回使ったら洗ってローテーションするようにしましょう。スポンジを毎日変えるということは、衛生面とファンデーションをキレイにつけるために大切なポイントです。

引用:スキンケア大学

オイリー肌にはパウダー系がおすすめ

余った油分を吸収してくれるため、脂性肌でお悩みの方はパウダーファンデーションを使うといいでしょう。毛穴が引き締まっている状態で使えば、化粧崩れまでの時間が変わるかもしれません。美しく仕上げるために、スポンジの管理も怠らないようにしましょう。

「メイク」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play