エイジングケア
2017年05月22日更新 2017年05月22日公開

どうして実年齢に見られないの?老け顔になってしまう原因とは

老けて見える人の顔と、若く見える人の顔はどこが違うのでしょうか?たとえば、紫外線や乾燥などが肌に負担を与えると、顔に変化をもたらす可能性もあるようです。ここでは、老け顔のポイントなどについてご紹介します。

世の中には、なぜか実年齢よりも老けて見える人がいます。ここでは老け顔に注目し、顔を老けさせるポイントとその原因についてご紹介します。

老け顔に見えるポイントは?

なぜ、実年齢よりも老けて見えるのでしょうか?老け顔に見えるいくつかのポイントをあげました。

肝斑やシミ

左右対称で両頬のあたりにできることの多い肝斑。30代ころから出始める肝斑やシミに悩んでいる女性は少なくありません。

お化粧をしても、うっすらと肝斑の輪郭が浮き出てしまうことが多く、顔の印象も老けた感じになってしまいます。

引用:スキンケア大学

たるみ

たるみは、顔の皮膚や筋肉が衰えることで目立つように。顔がたるむとほうれい線や毛穴が目立ったり、二重あごになったりすることもあります。

シミやシワなどと同じように、見た目年齢を上げやすいものとして「顔のたるみ」があります。

引用:スキンケア大学

クマやくすみ

クマやくすみが肌の色を暗めにしてしまい、老け顔に見せてしまうかもしれません。

中でもクマやくすみは、それだけで実年齢よりも老け込んだ印象を与える一大要因です。

引用:スキンケア大学

老け顔をつくる原因とは?

顔にシミやくすみ、たるみなどが現れると老けて見える要素となりますが、それらの要素は何が原因でできてしまうのでしょうか?

紫外線

波長の長い紫外線、UV-Aが「肌老化」の原因と考えられています。

肌老化とは、真皮に存在するコラーゲンやエラスチン繊維を生成する繊維芽細胞が傷つけられたり失われたりすることによってハリや弾力が低下し、肌にシワやたるみが生じ、肌細胞が老化する現象です。

引用:スキンケア大学

肝斑については、紫外線は直接の原因ではないものの、症状を悪化させる一因子のようです。

乾燥

紫外線と並び、肌に負担を与えて老け顔に見せる可能性があるのが乾燥です。

肌の水分が減ると、光の反射が悪くなります。すると、ツヤがなくなってくすんで見えるようになります。これだけでかなり老けて見えてしまいます。

引用:スキンケア大学

このほか、乱れた食生活や表情筋などの衰えがたるみを招いたり、血行不良がクマやくすみの原因になったりするケースもあるようです。

紫外線や乾燥に対する備えをしっかりと

顔の印象を老けさせるシミやたるみは、紫外線や乾燥が原因となってできる可能性があります。ですから、まずはUVケアや水分補給などをしっかり行い、老け顔対策を始めてみてはいかがでしょうか。

「エイジングケア」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play