エイジングケア
2017年05月24日更新 2017年05月24日公開

老化を防いで美尻をキープ!「ベルフィー」でセルフチェック

日頃、自分のお尻をじっくりチェックしていますか?老化を防いで、美尻をキープするためには定期的にセルフチェックを行い、ケアすることが大切です。セルフチェックの方法として、ベルフィーという手段が注目されています。

年をとるにしたがって、体のあちこちが老化現象を起こします。それはお尻も同じで、どんどん老化していきます。ここでは、できるだけ老化を防いで美尻をキープする方法をご紹介します。

セルフチェックは「ベルフィー」で

自分のお尻は、よく見ることが難しい部分です。そこで、写真を撮ってチェックする方法をお教えします。

「ベルフィー(belfie)」とは、「お尻(butt)」と「自撮り(selfie)」をかけあわせた造語で、鏡に映ったお尻を自撮りしてSNSに投稿することを言います。ブームの発端は、キム・カーダシアンがダイエットの成功をアピールするために公開した、後ろ姿の写真です。

引用:スキンケア大学

美尻をキープするヒップケア

生活の中で、お尻を美しく保つケアを習慣にするとよいでしょう。

お風呂でのヒップケア

まず、絶対にやってはいけないことを覚えておきましょう。それは、ゴシゴシ洗いをすることです。摩擦は大きなダメージを与えるため、お尻のザラつきやブツブツ、黒ずみなどを招く可能性があります。しっかりと泡立てた石鹸でやさしく丁寧に洗うようにしましょう。

引用:スキンケア大学

お尻を締め付けない下着と服の着用

お尻を圧迫しているものとして、下着や服も無視できません。きつい下着や服を身につけることも黒ずみやザラつきの原因になるため、できるだけ締め付けの軽いものを選ぶことも大切です。素材やデザインにこだわったコーディネートを心掛けましょう。

引用:スキンケア大学

美尻の肌ケアは皮膚科治療も

自宅で行うケアの他に、お尻の黒ずみについては皮膚科で相談することもできます。

ケミカルピーリング

お尻の黒ずみ、ざらつき、ニキビが気になる方にオススメです。酸の働きで古い角質を除去し、細胞の新陳代謝をアップすることで、くすみやざらつきを改善します。クリニック処方の美白クリーム、保湿クリーム、ピーリング石鹸などとの併用で、相乗効果が期待できます。

引用:スキンケア大学

外用薬の使用については、自己流ではなく必ず医師に相談したうえで行うようにしましょう。

外用薬の処方

漂白効果があり、メラニン生成に関わるチロシナーゼを抑制するハイドロキノンや、ターンオーバーを促すトレチノイン(ビタミンA誘導体)などの外用薬をお尻に塗ることで、黒ずみを解消する治療です。

引用:スキンケア大学

セルフチェックで自分のお尻を知ろう

自分では気がつきにくいお尻の肌も、ケアすることで美しく保つことができます。定期的なセルフチェックと生活の工夫で、美尻をキープしましょう。自分ではケアが難しい場合は、専門家に相談することも視野にいれてみてください。

「エイジングケア」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play