エイジングケア
2017年05月31日更新 2017年05月31日公開

まだ大丈夫って油断してない?20代から始めるエイジングケア

個人差はありますが30代後半から加齢による肌の変化が顕著になるといわれています。そこで未来の肌を守るためにも早目のエイジングケアが求められます。今回は、20代から始めるエイジングケアの方法をご紹介します。

エイジングケアとは、エイジング(加齢)をケア(お手入れ)すること、将来の自分のために行うスキンケアを指します。エイジングケアは早めの対策が未来の肌を変えるといわれ、20代からでも決して早くはないのです。

エイジングケアのサインとは?

加齢とともにやってくる肌のトラブルに予防策を打って、年齢に負けない美肌を保つことをエイジングケアと言います。では、どのようなサインが出てくるとエイジングケアを始めるタイミングなのかチェックしてみましょう。

当てはまる項目がひとつでもあったら、エイジングケアを始めるタイミングのサインです。

・毛穴が縦長になってきた

・目元や口元の小ジワが出てきた

・頬が下がってきた

・ファンデーションが浮く

・口角が下がってきた

・化粧水や乳液をつけても数時間経つとカサついてくる

・シミが増えたような気がする

引用:スキンケア大学

20代から始めるエイジングケア

エイジングケアを始める年齢は、何歳からという正解はありません。一般には25歳前後から新陳代謝が遅れがちになることから、20代からでも早くはないといわれています。

セルフケア

セルフケアの基本は「毎日の洗顔」だといいます。刺激の少ないジェルクレンジングなどで優しく洗って、洗顔後はローションをたっぷりつけてケアを忘れないようにしましょう。

セルフケアの注意点は、肌に刺激を与えないようにすることです。刺激の強い洗顔料やオイルクレンジングでのメイク落としを控え、洗顔時に強く洗ったり、洗顔後にタオルでこすったりしないように意識してください。

引用:スキンケア大学

また、一年中、紫外線対策を忘れずに行うことも大切です。日焼け止めはもちろん、日傘や手袋などで徹底的な紫外線ケアを心がけましょう。

美容クリニックでのケア

抗酸化作用のあるビタミンCの点滴治療などで身体の内側からケアする方法があります。肌のケアには、イオン導入、ピーリング、スキンタイトニングのレーザー治療などがあります。

引用:スキンケア大学

エイジングケアは乾燥対策が基本

乾燥は肌の老化を促進させる原因の一つといわれています。肌トラブルの元凶となる乾燥を防ぐために、日頃から徹底して保湿や紫外線対策をすることが大切です。正しいお手入れでうるおいを保ち、若々しい肌をキープしていきましょう。

「エイジングケア」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play