エイジングケア
2017年05月22日更新 2017年05月22日公開

エイジングケアにも効果アリ!?そら豆の知られざる栄養について

新緑がまぶしい季節になると店頭に並び始める「そら豆」。実は、そら豆は疲労回復やエイジングケアなどにも効果が期待できるといわれています。今回は、おつまみにもおやつにも大活躍な「そら豆」の栄養成分についてご紹介します。

一粒が大きく食べ応えのある「そら豆」。おいしいだけではなく疲労回復やエイジングケアにも効果が期待できるといわれています。では、そら豆にはどのような栄養素が含まれているのでしょう。

そら豆に疲労回復にピッタリ

そら豆には、疲労回復に必要とされる栄養成分が多く含まれています。漢方の世界でも、そら豆は食べると気力が充実する食べ物といわれています。

そら豆には「疲労回復のビタミン」とよばれ、炭水化物をエネルギーに変える働きのあるビタミンB1や、脂質やたんぱく質をエネルギーに変えるビタミンB2が含まれています。ビタミンB1には、疲労物質である乳酸が体に溜まるのを防ぐ働きもあるため、そら豆は、まさに疲労回復に適した食材です。

引用:スキンケア大学

相乗効果のある組み合わせは?

そら豆だけをそのまま食べてもいいのですが、お酢と組み合わせることによって疲労回復効果を高めることができるといいます。

そら豆のビタミンB1と同様に、クエン酸を含んだ食品にも疲労物質である乳酸の生成を抑制する働きがあります。さらに、クエン酸には食欲を増進させる作用があるため、疲れがひどく食欲が湧かない時には特にオススメです。

引用:スキンケア大学

エイジングケア効果も期待できる

そら豆には、塩分を体外に排出する作用のあるカリウムも豊富に含まれており、むくみに悩んでいる人にはおすすめの食べ物です。さらにアンチエイジング効果も期待できる栄養素も含まれています。

ビタミンB1は「疲労回復のビタミン」とも呼ばれ、糖質をエネルギーに変える働きがあり、ビタミンB2は「成長のビタミン」とも呼ばれて、皮膚や毛髪、爪などの成長を促進してエイジングケア効果が期待できます。

引用:スキンケア大学

疲れも老化も吹き飛ばせ!

いままで、おいしいからという理由だけでそら豆を食べてきた人も、その栄養成分の豊富さを知って驚いたのではないでしょうか?ぜひ、疲労回復とエイジングケアのためにも積極的に食べていきましょう。

「エイジングケア」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play