仕事
2017年05月31日更新 2017年05月31日公開

仕事に行けない!大人の溶連菌感染症の特徴と対処法を知ろう

感染したら仕事を休まなければならない溶連菌感染症。いったいどのような症状なのでしょうか。ここでは、溶連菌感染症の特徴についてご紹介いたします。他の人に迷惑をかけないためにも、早く治して仕事に復帰したいものですね。

溶連菌感染症は子供の病気と思われがちですが、大人も感染する可能性があります。どのような特徴があるのか、こちらでチェックしておきましょう。

溶連菌感染症の症状

溶連菌に感染して起こるさまざまな症状には、以下のようなものがあります。大人になって感染すると、子供よりも強く症状が現れるともいわれています。

溶連菌に感染すると、2~5日の潜伏期間を経て症状があらわれるといわれています。溶連菌の感染は、飛沫感染が大半だと考えられています。のどや扁桃腺が溶連菌に感染することであらわれる主な症状は、のどの痛みや発熱、発疹などがあげられます。のどは真っ赤になり、38~39度の高熱が出ることもあるようです。胸部や腹部、手足などに赤い小さい発疹がかゆみをともなうこともあります。

引用:ヘルスケア大学

溶連菌感染症の特徴的な症状としては、舌やのどの強い炎症があげられます。

その他には、舌が真っ赤になり、舌の表面にブツブツがあらわれいちごのように見える「いちご舌」や頸部リンパ節腫脹(けいぶりんぱせつしゅちょう)があらわれることもあります。人によっては、倦怠感、頭痛、腹痛、食欲不振などの症状をともなうこともあるようです。

引用:ヘルスケア大学

感染しやすい人とは

大人が溶連菌感染症にかかる際は、多くの場合、子供からの感染だといわれています。子供を育てている家庭は特に注意した方がよさそうです。また、健康状態がよくない人も感染しやすいと考えられています。

溶連菌は、感染した部位や溶連菌の種類、感染を受けた方の免疫の有無、健康状態などであらわれる症状や強さは、さまざまだといわれています。ですから、栄養の偏った食事ばかりしていたり、睡眠不足が続いていたりすると感染しやすいと考えられています。また、ガンや糖尿病を患っている方や人工透析を受けている方など抵抗力が弱っているとされている方は、溶連菌に感染しやすいと考えられています。

引用:ヘルスケア大学

溶連菌の治療法は?

溶連菌感染症にかかった場合は、溶連菌に対する抗生物質を服用することになるでしょう。そうすれば、数日で熱や発疹がおさまってくるといわれています。しかし、抗生物質を服用してから数日間はまだ体内に溶連菌がいる可能性もあるので、仕事に復帰しない方がよさそうです。

1週間以内にのどの痛みも治まるようですが、いちご舌は数週間続くこともあるようです。溶連菌の治療で気をつけることは、抗生物質の服用を自己判断で用法や用量を変えないことです。症状が回復したとしても、身体から完全に溶連菌がなくなったわけではありません。リウマチ熱などの合併症を予防するためにも、処方された抗生物質は、医師の指示にしたがってきちんと服用しましょう。

引用:ヘルスケア大学

復帰のタイミングは医師に確認を

溶連菌感染症は、抗生物質を服用してから数日経てば感染力が弱まるようです。しかし、溶連菌感染症は飛沫感染しやすいという特徴があります。自己判断に頼るのではなく、仕事復帰するかどうかは医師に判断してもらいましょう。

「仕事」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play