妊娠・出産
2017年05月17日更新 2017年05月17日公開

デリケートで敏感!「産後の肌」にはどのような化粧水がいいの?

産後の肌は、妊娠前よりとてもデリケートで敏感になってしまいます。少しの刺激でもトラブルを起こしやすいので、今まで使っていたスキンケアですら合わなくなることもあるので、化粧水選びにも注意が必要です。

産後の肌は、さまざまな要因から非常に敏感になってしまいます。産後の肌が敏感な理由や、おすすめの化粧水の成分、選び方など、ご紹介します。

産後の肌はとてもデリケート

妊娠、出産、そして、産後と、わずか1年足らずの間に、女性の身体の中では、非常に大きくホルモンバランスが変化します。また、産後は、出産で疲れきった身体が十分に回復しないうちに産まれたばかりの新生児のお世話をしなくてはならず、肌は以前に比べて、とても不安定になってしまい、さまざまなトラブルが起こりやすくなります。

シミが濃くなりやすくなる

妊娠中はプロゲステロンという女性ホルモンが増加する影響で、シミの元になるメラニン色素を生成するメラノサイトが活発化します。そのため紫外線に敏感に反応してシミが濃くなってしまいます。

引用:スキンケア大学

乾燥してハリツヤがなくなる

妊娠中に盛んに分泌されていた通称「美肌ホルモン」のエストロゲンが、産後は急激に減少します。エストロゲンは肌表面の角層で保水し肌の潤いを保つ働きがあります。

また、真皮層では肌のハリやツヤを維持するのに必要なコラーゲンやエラスチンの生成に大きく関わっています。このエストロゲンが減ることで、産後の肌は乾燥しがちでハリやツヤも失われやすくなるのです。

引用:スキンケア大学

少しの刺激でも肌荒れしやすくなる

産後には肌の美しさを保つプロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンの分泌が不安定になります。そのため、肌はトラブルを抱えやすくなっている状態です。さらに赤ちゃんのお世話で睡眠不足の日々が続いて疲労やストレスが溜まると、ほんの少しの刺激にも反応して肌荒れを起こしやすくなります。

引用:スキンケア大学

産後におすすめの化粧水成分とは?

産後の肌は、とてもデリケートで敏感です。それまで使っていた化粧水でも肌に合わなくなることもあります。鏡を見る余裕もない程忙しい時期かもしれませんが、まずは、産後の自分の肌の状態を良く知り、今の肌が求めている、そして刺激の少ない化粧水を選びましょう。

シミが気になるときは?

・プラセンタ

メラニンの生成を抑えることによる美白効果に加えて、保湿効果も期待できます。代謝を高める働きもあるので、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進するのに有効です。

・コウジ酸

メラニンを生成する酵素を抑制する働きに加え、メラニンが作られる情報を伝達する物質の産生も抑えてくれます。また、活性酸素にも働きかけるのでシミのほか、シワやたるみにも効果が期待できます。

引用:スキンケア大学

乾燥や肌荒れが気になるときは?

・ヒアルロン酸

角質層の保湿効果があり、化粧水にはヒアルロン酸Naとなって含有されます。もともと人の身体に存在する成分なので産後の敏感肌にもオススメです。

・コラーゲン

産後に特に不足しがちな成分で、肌のハリや弾力に欠かせません。化粧水に含まれているのは水溶性のコラーゲンで、水分を抱え込んだままキープして角質層に潤いを与えてくれます。

・アミノ酸

肌にもともと備わっている天然保湿因子(NMF)のひとつで、水分を吸湿して潤いをキープする作用があります。

引用:スキンケア大学

産後の肌には低刺激の化粧水を

化粧水に、保存料や防腐剤など、添加物が含まれていると、肌に刺激を与えてしまう可能性があります。産後の敏感な肌には、添加物の含まれていない化粧水を選び、さらに、使用前に二の腕の内側などでパッチテストを行いましょう。

「妊娠・出産」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play