妊娠・出産
2017年05月18日更新 2017年05月18日公開

デリケートな産後の肌…「化粧品選び」にも要注意!

産後の肌は、ホルモンバランスや環境の変化などの影響でとても不安定になっているといわれています。デリケートな肌となっていて、紫外線の影響も受けやすくなります。なので、化粧品は選ぶ時点から注意すべきことがあるようです。

肌トラブルが多いといわれる産後の肌には、どのような原因があるのでしょうか?産後の肌のトラブルの原因や、化粧品選びの注意点などをご紹介します。

産後の肌は、なぜ敏感になる?

産後、女性の肌は妊娠前には現れなかったさまざまな肌トラブルに悩まされることがあります。それまで使っていた化粧品が肌に合わなくなったり、さらなる肌トラブルを引き起こす原因になる場合もあります。

エストロゲンの分泌減少が原因?

出産後はエストロゲンの分泌が一気に低下し、代わりにもうひとつの女性ホルモン「プロゲステロン」が優勢となってしまいます。このプロゲステロンはエストロゲンとは逆に肌を不安定にさせてしまう性質を持っています。

引用:スキンケア大学

肌のバリア機能の衰え

健康な肌には「バリア機能」と言われる働きがきちんと備わっており、肌の水分を保ちつつ外部の刺激から肌を守っています。しかし、産後の肌はこのバリア機能が低下している状態です。それにより、肌は乾燥し、刺激に敏感な肌となってしまうのです。

引用:スキンケア大学

産後の化粧品選びの注意点とは?

産後の肌は、ホルモンバランスの変化以外にも、環境の変化、寝不足、ストレスなどで、非常に不安定な状態です。そこで、産後の肌ケアでは、そのような敏感な肌状態でも使える化粧品がおすすめです。

産後の肌はバリア機能が衰えている状態ですので、保存料などの添加物が入っていない、敏感肌でも使えるような化粧品を選びましょう。これまでと同じような化粧品では肌への刺激が強すぎる可能性があります。ですから、サンプルで試したり、二の腕など肌の柔らかい部分でパッチテストをしてから購入するようにしましょう。

産後の肌は特にスキンケアが必要な時期ですが、育児に追われてライン使いでの丁寧なケアは難しいことと思います。バリア機能を整えるには、肌に潤いを与えることが大切となります。時間がないときでも、保湿ケアだけはきちんと行えるように化粧品を選ぶと良いでしょう。

引用:スキンケア大学

産後の化粧品選びは慎重に

産後のデリケートな肌は、長年愛用してきた化粧品でも、受け付けなくなる場合があります。使っている化粧品に、かゆみや赤みなど、なんらかの異常や違和感を覚えたら、ただちに使用を中止して、敏感肌でも使えるような化粧品の使用を検討してみましょう。

「妊娠・出産」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play