妊娠・出産
2017年05月17日更新 2017年05月17日公開

妊娠中や産後に起きる“肌荒れやニキビ”…どうすればいいの!?

妊娠中や産後に、肌トラブルが多いのは、ホルモンバランスの変化や栄養不足、睡眠不足、ストレスなどさまざまな原因が考えられます。妊娠前と同じ化粧品が使えなくなることもある肌トラブルの原因とその理由をご紹介します。

妊娠前と比べてデリケートで敏感な肌になりやすい妊娠中と産後は、肌荒れやニキビも引き起こしやすい時期です。この時期の肌トラブルの原因について、ご紹介します。

妊娠中の肌荒れやニキビの原因とは?

妊娠すると、身体にさまざまな変化があらわれます。そのひとつが肌荒れやニキビといった肌トラブルです。妊娠前にはなかったニキビができてしまったり、肌荒れしてしまい、それまで使っていた化粧品が使えなくなったりするなど、さまざまなトラブルを引き起こします。下記のものは、その主な原因といわれています。

ホルモンバランスの変化「妊娠初期」

妊娠から約1~3か月という妊娠初期にはプロゲステロン(黄体ホルモン)が増え、子宮や腸の動きが悪くなり、むくみがちになります。これは着床から間もない胚を守り、流産を防ぐためとも言えますが、生理前の状態が続くようなものですから、ニキビや吹き出物、シミが増えやすくなります。便秘が続くと皮膚の水分量が減り乾燥肌に傾くこともわかっています。

引用:スキンケア大学

ホルモンバランスの変化「妊娠中期以降」

徐々にエストロゲン優位になるので、ニキビが落ち着いてくることが多いようです。エストロゲン量が増えると、毛細血管拡張により血管腫や手掌紅斑(しゅしょうこうはん)が生じてきます。

また、妊娠にともなう生理的変化として、メラニンが増えてシミや肝斑ができやすくなったり、体毛が濃くなったりします。

引用:スキンケア大学

水分不足や栄養不足が原因

つわりで特定の食べ物しか口にできなくなると、十分な栄養や水分が摂取できません。甘いものや脂っぽいものしか食べられなくなる人も多いでしょう。そのため、美肌に欠かせないミネラルやビタミンが不足しがちなのです。

また、プロゲステロンの作用で便秘になりやすいのも、肌荒れの原因となります。

引用:スキンケア大学

かゆみや湿疹を引き起こしやすい時期

妊娠中は汗をかきやすい状態が続き、また乾燥肌に傾きやすいため、いつも以上にかゆみや湿疹が現われやすくなっています。そのため、適切なスキンケアを怠ったり、保湿を十分に行なわないと肌荒れの原因となります。

引用:スキンケア大学

産後の肌荒れやニキビの原因とは?

産後の肌トラブルは、妊娠中とは少し違う原因もあるようです。

産褥期(さんじょくき)のホルモンバランスの変化

妊娠すると分泌が急増するエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは、出産を終えると、今度は急激に減少します。このようにホルモンバランスが安定しない状態は肌にも影響を与え、肌状態も揺らぎが生じます。

引用:スキンケア大学

育児疲れやストレスなどが原因

特に初めての育児では、赤ちゃんのお世話そのものに慣れていないため、緊張感や不安も大きく、そのストレスが肌荒れに繋がることもあります。

引用:スキンケア大学

不十分な睡眠時間が原因

出産後は朝晩関係なく、赤ちゃんのお世話にかかりきり。特に出産直後は昼夜の区別なく起きる赤ちゃんのお世話でまとまった睡眠もとれないことが、肌荒れの原因になります。

引用:スキンケア大学

便秘

産後は母乳分泌のために体内の水分量が不足気味になります。また、忙しさのため自分の食事がおろそかになりがちで、十分に食物繊維が取れていないことも。

さらに、出産の時の傷や痔をかばって上手くいきめなくなってしまうなど、産後は、肌荒れの大敵である便秘に悩まされるケースは多いのです。

引用:スキンケア大学

肌トラブルの原因はさまざま

妊娠中や産後は、身体の変化はもちろんのこと、気をつけなくてはならないことや、考えなくてはならないことがさまざまあり、妊娠する前より、ストレスも抱えやすく肌トラブルも起こりやすくなります。肌荒れに悩まされ過ぎず、赤ちゃんと向き合う大切な時期と考えて前向きにとらえることが大切です。

「妊娠・出産」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play