ヘルスケア
2017年05月31日更新 2017年05月31日公開

似ているけど違う?適応障害とうつ病の違いって一体なに?

適応障害とうつ病の症状は似た部分が多く、どちらもうつ病では?とひとくくりにイメージしている人もいるのではないでしょうか。それぞれ異なった症状で、治療法も違うのです。2つの病気の違いについて説明します。

適応障害とうつ病は似た病気としてひとくくりにされがちですが、実際は別の病気で、症状も異なるといいます。それぞれ、どのような違いがあるのでしょうか。

適応障害について

適応障害は、ストレスによって情緒面と行動面に影響が出てしまう状態を指します。うつ病と混同されがちですが、うつ病と違って、ストレスを取り除けば回復することがあるといいます。

ストレスは「特定の出来事(環境要因)に対しての反応(個人要因)」のことです。この出来事は個人的な事情や家庭的、職場的な事情などさまざまです。また、ある人にとってはストレスであっても、別の人からしてみればストレスに感じないなど、物事の印象の受け方、感じ方もさまざまです。

引用:ヘルスケア大学

うつ病はストレスを解消しても治らない?

うつ病が発症する原因は、適応障害と同じく、外部からのストレスにあるようです。

一日中気分の落ち込みが続き、不眠、食欲不振といった症状も現れます。物事に対して否定的な見方をするようになり、自分に対して極度に自信が持てなくなります。

引用:ヘルスケア大学

うつ病は、脳の機能が正常に働かなくなり、脳や身体のコントロールが困難なっている状態だといいます。

この場合は、適切な治療が施されないと、仮にストレス因から離れたとしても、抑うつ症状などが続きます。この点に大きな違いがあります。

引用:ヘルスケア大学

適応障害はうつ病の前段階?

適応障害と診断された場合は、まずストレスを取り除くことが第一です。ですが、それでも治らない場合は、後日うつ病と診断されることもあるようです。

言い換えれば、適応障害はうつ病発症の前段階ととらえることもできます。無理に我慢してしまうがゆえ、心の病気になる一歩手前の状態を、本人も家族も気づかずに見過ごしてしまい、適応障害を発症してしまうケースが多くあります。心の病気全般に言えることですが、気分が優れないなど、少しでも憂うつな状態が続く場合は、早めに医療機関で診察を受けて専門医のアドバイスを受けてください。

引用:ヘルスケア大学

どちらもゆっくり焦らずに

適応障害とうつ病の症状は似たところが多く、医療現場でも混同されがちになるといいます。気になる症状があれば、一度精神科を受診しましょう。どちらも医師の指導のもと、焦らずゆっくりと治療を続けていくことが大切です。

「ヘルスケア」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play