オーラルケア
2017年05月30日更新 2017年05月30日公開

八重歯はダメなの?乱杭歯のデメリットと矯正方法とは?

歯並びが悪いと、見た目に支障をきたすだけではなく、うまくブラッシングができなくなります。乱杭歯(らんぐいば)は、歯並びが悪い状態であるため、早めに改善させることが大切です。ここでは、乱杭歯について紹介します。

歯は、ブラッシングをしなければ歯垢(プラーク)が溜まってしまいます。それをエサにして、歯周病菌や虫歯菌が増殖し、歯周病や虫歯を引き起こす可能性があります。乱杭歯は、ブラッシングの弊害になるため、早めの改善が大切です。

そもそも乱杭歯とはどのようなものか

乱杭歯(らんぐいば)とは、歯が重なったりデコボコに生えていたりしている状態の歯のことで、叢生(そうせい)とも呼びます。一般的によく知られている八重歯も乱杭歯の一種です。

歯の大きさに対してあごの成長が不十分だと、すべての歯が正常に生えるスペースが確保できません。そのため、重なったりねじれたりして生えてくるので歯並びがふぞろいになってしまいます。爪や下唇を噛むクセがある人も乱杭歯になりやすいでしょう。

引用:ヘルスケア大学

乱杭歯のデメリットとは

乱杭歯の一種である八重歯は、チャームポイントになることもありますが、次のようなデメリットがあることも知っておきましょう。

乱杭歯の場合、歯が重なりあった部分などに食べかすやプラークが溜まりやすいうえに、歯ブラシでうまく磨くことができません。そのために、虫歯や歯周病になりやすいのが問題とされています。また、噛み合わせが悪いので食べ物をうまく噛めないほか、顎関節症や肩こり、頭痛を起こしやすい傾向があります。

引用:ヘルスケア大学

乱杭歯の矯正方法とは

歯並びが悪い場合は、矯正器具の装着による治療が一般的ですが、乱杭歯の場合は抜歯が必要になることがあります。これは、歯とあごの大きさがアンバランスであるためです。

矯正器具には、ワイヤー(針金)とブラケット(金具)を使うものなどさまざまですが、乱杭歯の場合には目立ちにくい透明のプラスチックでできているマウスピースを使用する矯正も可能です。ただし、乱杭歯の状態は人によって違いが大きいので、すべての人に対してマウスピース矯正が適しているとは言えません。

引用:ヘルスケア大学

乱杭歯は早めに矯正しよう

乱杭歯を放置すると、うまくブラッシングができずに虫歯や歯周病にかかる可能性が高くなります。虫歯や歯周病は、進行すると歯を失うことにも繋がるので、乱杭歯を矯正することをおすすめします。

「オーラルケア」記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play